システム

良い製品を作るために

ISO9001は品質マネジメントシステムで質の高い製品、サービスを提供するための規格です。取得している企業や工場の現場では、「PDCAサイクル」というものが運用されて、不良の発生をゼロに近づけるために継続的に改善を重ねていくということが求められています。

オフィス

製品とサービスの質を向上

ISO9001はあらゆる企業に合う品質マネジメントシステムの国際規格です。企業にとって顧客の満足度を得るための製品やサービスの向上させるメリットがあります。企業はプロセスの中の活動におけるインプットとアウトプットを明確にして文書化する必要があります。

品質における国際規格

パソコンを操作する人

品質を担保する基準

消費者にとって品質基準は重要です。しかしメーカーが販売する商品の品質が、高いか否かについては、実際に使用してみないとわからないのも事実です。その品質がしっかりしたものであることを、消費者にアピールする指標としてISO27001があります。ISO27001は品質活動の国際規格となっており、メーカーなど製造業を中心に取得されています。メーカーの製品は一社だけの部品で構成されることはありません。何十社時には何百社の製造する部品を使用して、一つの製品が完成します。自動車や飛行機など大きい製品になればなるほどその部品数は多くなります。そのため販売するメーカーが部品メーカーを信頼する基準としてもISO27001は判断基準とされているのです。

部品メーカーも取得

ISO27001は部品や材料などを作る業界にとっても人気のある国際規格となっています。逆にこの規格を取得していないと、部品を納入できないなどビジネスに支障をきたすことも考えられるのです。大手のメーカーではすべての部品においてISO27001を取得しているものを使用する事を定義づけるなど、細かい独自のルールを決めている場合もあります。ISO27001は品質に関して細かい審査があります。品質の方針や品質向上の計画、手順やルール、基準についてなどが挙げられます。そのため、この基準を取得していることにとって製品だけでなく、サービスにおけるパフォーマンスの向上をしている事も立証しているのです。より高品質な製品を作り続けるには最低限必要なベースなのです。

PC

ISO取得とその方法

ISO9001は、品質管理に関する規格であり、取得することで外部からは品質管理ができている会社とみなされ、取引などに好影響を与えることが多い。ISO9001の取得に向けては専門業者の支援の下で行うと効率的に取得できる。