製品とサービスの質を向上

オフィス

国際的な信用を得る

ISO9001はさまざまな業種の企業の活動に合う品質マネジメントシステムの国際規格です。企業がISO9001を取得する大きなメリットは、顧客の満足度を充実させるための製品やサービスの質を上げるために、社内での品質管理のプロセスを向上させることが可能ということです。また、国際機関が定めて世界で認識されている基準ですので、企業や組織がこれを取得すると品質が確かであるという信頼を得ることができます。会社によってはISO9001取得するための部署を設けているところもあるほどです。ISO9001では企業の方針と目標を定めてそれらを達成するための活動を挙げ、活動を実行しながら定期的に活動のレビューを行い不都合なところがあれば継続的に改善してくことがポイントになります。

文書にすることが重要

ISO9001の認証取得を目指すのであればこれら一連の活動を含むプロセスを文書にする必要があります。プロセスの中に示された1つ1つの活動には活動を始めるきっかけになるインプットがあり、終えるためのアウトプットがあります。そのインプットとアウトプットは何かまた適切な権限者の承認の下動いていることを明確にする必要があります。例えば、顧客からの注文を得て商品のデザインを行い生産に入る場合、顧客からの注文書がインプットになり商品の設計書がアウトプットになり次の活動に移ります。その注文書や設計書は作成者がいて権限者によって承認されることで次の活動に移ることができるわけです。すでに活動を開始している企業はまず現在の活動とプロセスを明確にして抜けているところがないかを確認する必要があります。